対コロナ自粛セルフケア

自粛期間中、座位姿勢が多くなっている方が多いと思います。

前回のブログでは軽運動について書きましたが、今回はコロナ自粛に対してのケアという観点から書いてみようと思います。

すでに自粛明けの方が多いと思いますが、休み明けの体に対しても効果的なのでぜひお試しください。

さて、テーマですが、「腰痛」というテーマにしようと思います。理由は先にも言ったように自粛中の座位姿勢の増加によって、骨盤周りの動きはいつもと比べて変化している方は多いのではないかと思っているからです。現に、周りの方から「ゴールデンウィーク明けてからぎっくり腰になっちゃって・・・」という話をちらほら聞いています。

実際に現時点で痛みが強い方は、実際に評価をして適切な処置をしないといけないのですが、予防として行うのであれば以下のようなセルフケアは効果的だと思います。

まず、仰向けで両膝を立てて横になります。

そのままゆったりした深呼吸を数回続けていきます。この間、回数ごとに腰回りや方周りの緊張が落ちていくのを感じてください。

次に立てた膝を左右へ揺すります。はじめは小さい動きで構いません。力を入れて揺するのではなく、リラックスしたままゆっくり細かく揺すっていきます。腰の少し上のあたりが少しずつ暖かくなるようなイメージで行います。揺すりはじめよりも動きが馴染んできたら、そのまま左右へ膝を倒してはじめの深呼吸を数回繰り返します。先ほどよりも少し下、いわゆる腰の部分が緩むイメージで呼吸を続けます。

内容としてはたったこれだけ。

ポイントはイメージをすることです。小難しい動きは一切ありません。

例えばソファなどで長時間座ってビデオを見たりしている場合、同じ姿勢でいることで、強い負荷をかけているわけではないのにぎっくり腰のような症状になるケースはよくあります。予防的に上記のような方法で緩めてあげると体循環が良好となり、防ぐことができます。

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)