「挑戦」

本年も残すところあとわずかとなりました。

本年は、比較的に災害に悩まされた年でありましたが、皆様にとってどのような一年でありましたか。

 

リブレボディは、本年をもちまして、おかげさまでオープンから四年を経過しようとしています。

また、新たなスタッフ森安昭斗を加え、より一層のサービス向上を目指し奮闘した、改革の年といえる一年でした。

特に、森安が入職したことによって、自身が考案した「森安ポールエクササイズ」の実施、また野球選手へのサポート強化が行えるようになりました。

スタッフそれぞれが新たな分野へ活動の場を広げると言う一年で言えば、今年はそれぞれ「挑戦」の年になったのではないかと思っています。

 

リブレボディの主な活動実績として、

まずには会員の皆様で、中央公園や峰山へお花見イベントを開催。天気にも恵まれて、おいしいお弁当を会員の皆様と一緒に食べながら過ごす時間はとてもいい思い出となりました。

には昨年の雪辱を果たし、サポートしている高松商業高校のインターハイ出場。選手たちの笑顔が我々の力になることを再確認できました。

には帯同した国体空手道チームにおいて団体準優勝。さらにサポートしている近藤魁成選手のK-1甲子園史上初連覇。一瞬のために費やしている時間の膨大さを感じ、改めて気を引き締めました。また、会員様向けに香川オリーブガイナーズの観戦ツアーを企画し、普段生で見ることのない野球の試合を観戦していただくことができました。

には普段利用してくれている高校生アスリートでクリスマス会。学校も年齢も競技内容も違う選手たちが大勢集まってくれ、リブレボディのファミリーとして今後も刺激し合いながら高みを目指していけることを確信しました。

 

一方、サポートしているチームや選手に関しての主な結果報告として、※敬称略・順不同

  • —全日本女子バレーユースチーム 全日本女子バレーチーム アジアユース選手権大会優勝
  • 高松商業高校サッカー部  総合体育大会香川県予選優勝(5年ぶり)
  • 高松北中学高校サッカー部 夏高フットサル2018 準優勝、4名がイタリア遠征選抜メンバー選出
  • —香川県国体空手道チーム 福井国体準優勝 —
  • 高松中央高校空手道部 インターハイ準優勝
  • 高松中央高校体操部 四国大会優勝
  • 鈴木未来(ダーツ選手) WDF アジアパシフィックカップ2018 女子シングルス 優勝、SUPER DARTS 2018 出場
  • 近藤魁成(K-1選手) K-1甲子園2018 -65kg優勝(連覇)
  • —丸亀南中学校バスケットボール部 全国中学校体育大会出場
  • カマタマーレ讃岐 U-18 JFAU-18プリンスリーグシック参入決定
  • カマタマーレ讃岐、ファジアーノ岡山、香川オリーブガイナーズなどの選手へパーソナル指導(トレーナーへの指導含む)
  • その他多数

 

そして、最後にスタッフの実績報告をさせて頂きます。(主な結果報告)

GM 赤山僚輔

全日本女子バレーボールユース トレーナー就任

福井国体香川県空手道チーム帯同 準優勝

CT 高橋応文

高松の各フィットネスクラブにて糖尿病講座開催

屋島陸上競技場にてランニングイベント開催

T  森安昭斗

国際学会(マレーシア)にて発表

KSB「スーパーJチャンネル」出演

 

スライド1

スライド2

スライド3

 

 

振り返ってみると、ここには書ききれないくらいほど、様々なイベントや選手の試合結果が思い出されます。

 

 

ベートーベンは

「努力した者が成功するとは限らない。しかし、成功する者は皆努力している」

という名言を残しています。

リブレボディに来られる方は、皆様大変努力されています。

もちろん、大変な努力の結果、輝かしい功績を遺した選手やチームはいくつもありました。

しかし、大変な努力をしたにも関わらず、試合で負けてしまったり、思うような結果にならなかったことも少なからずありました。

特に負けてしまったなど、残念な結果になってしまった件に関して、「もっと、良い関わりができなかったか?」、「本当にあれでよかったのか?」など、スタッフ一同その悔しさを二度と繰り返さないよう日々アップデートを繰り返しています。

そしていつかは、「完全に裏切らない努力」をサポートできるリブレボディになることを目標として日々鍛錬したいと考えています。

 

 

さて、来年はいったいどんな一年になるのでしょう。

2019年は、年号も変わるかと思われます。その新たな門出とともに、皆様には心も体も悩みから解放され、より良い新たな自分に出会えるよう、誠心誠意サポートさせていただきます。

最後になりますが、本年は会員の皆様をはじめ、サポートチームの選手、講演やセミナーに参加された皆様、その他多くの皆様にご支援ご鞭撻いただきました。

今のリブレボディがあるのは、みなさまのご支援の賜物と、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

そしてリブレボディも、皆様に負けないよう更なる技術研鑽はもちろん、サービス向上を目指します!

2019年もリブレボディをよろしくお願いします。

 

CT(施設長) 高橋応文

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)