冷えは不調の大敵!

連日寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

朝は比較的強い高橋も、最近の寒さではなかなか布団から出られません。。。

 

東京では大雪で交通網も大混乱。

高松でもチラチラと雪が降ったり、昼間でも強烈な寒さが続いています。

 

さて、そんな寒い冬に注意したいのは、身体に悪さをする「寒邪」と言う東洋医学の考え方です。

特に寒邪の影響で気をつけないといけないのは「冷え症」です。

この時期の寒さによって身体が冷える場合と、身体のエネルギーの気が不足して冷える場合と二つの原因があります。

症状として現れるのは、実際にはこの二つが絡み合いながら現れると考えられているそうです。

hiesyou_joshi

そもそも冷えと言うのは結果であり、身体の活動が低下した結果が冷えなのです。と言うことは、実はその他にもさまざまな不調が起きる可能性があります。

まず、代謝機能が低下し、血の巡りが悪くなる「瘀血(おけつ)」が生じやすくなるとも言われています。

また、肺の機能が低下すれば風邪をひき、胃腸が冷えると消化器症状が、女性なら生理痛もひどくなる可能性があるとも言われています。

 

寒邪に対しては、とにかく身体を冷やさないこと

「頭寒足熱」と言う言葉がありますが、特に足を冷やさないようにすることが大事です。

運動で言えばつま先立ちなどのように、ふくらはぎを使うような運動が効果的です。

更にセルフケアでは循環を促すようなアプローチが良いでしょう。

冷え症でお困りの方は、一度高橋までご相談ください。

 

 

リブレボディでは随時無料体験を受け付けております。

お問い合わせ、ご相談は下記までご連絡ください。

TEL/087-837-3535

MAIL/info@libre-body.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)