リブレアスリートがいわて国体で大活躍して帰ってきました!!

先日終了したハンドボール競技にて少年女子の部で高松商業高校ハンドボール部が第3位の結果となりました。

日本一を目指していたチームとしては悔しい結果かもしれませんが、インターハイで準決勝で敗れた相手に3位決定戦で勝利し、リブレに通う選手の活躍も地元新聞で確認でき嬉しい結果でした。

 

またバスケットボール競技、成年男子の部では四国電力を中心とした県の選抜メンバーで赤山もトレーナーとしてサポート、春からは強化に関わり今大会2勝しベスト16という結果で終了しました。

 

近年予選が通過できなかったり全県出場の年でも一回戦負けが続いていただけに選手たちはこの結果に満足そうな表情が印象的でした。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-08-18-44-47

 

香川チームのキャプテンで半年以上リブレボディでコンディショニング・トレーニングを積んできた香川誠治さん(写真前列向かって右端)より今大会を終えての感想と自身の変化を振り返りコメントをもらっていますので、紹介させて頂きます。

 

以下転載

今回国体でベスト16という結果を残せたことは決して偶然ではないと感じています。

半年間という短い期間ではありますが、リブレでのトレーニングを通して今までより自分の身体を知ることができました。苦手な動きを改善することはもちろんのこと、身体のコンディションがどの様に変化しているかを意識することが多くなり、状況に応じたプレーやケアを行うようになりました。

またコンディショニングでは試合当日だけではなく、1週間前から本番までの間を考えて行動することで、気持ちの面でも自信を持つことができ、心体共に良い状態で試合に臨むことができました。

具体的にはトレーニングによって変わった点は、
少ないモーションからのドライブ一歩目の鋭さの向上、ドライブからのシュート・ストップターン時のバランスの向上、肩甲骨を意識することによるシュート確率の向上、ディフェンスで相手に接触したときのバランス力の向上、ルーズボールや攻守の切り替え時などに対する反応の速さの向上、ステップの足の運びやすさの向上によるディフェンス力の向上と感じています。

チームとしても日々練習で赤山さんのトレーニング、岩手県に入ってからは夜や試合前にコンディショニングをしっかり行うことで、良いコンディションで試合に臨むことができました。

そのような積み重ねが今回のベスト16という結果に結び付いた大きな要因だと私は考えています。

今回達成できなかったベスト8を達成できるよう今後もトレーニング、コンディショニングに取り組んでいきたいと思います。

 

ベスト16を決めた佐賀戦では相手エースを18点に抑え香川さんは28点の大活躍。

中でも3Pシュートは最初の1本を外しただけでその後、8本連続で決め勝利を決める活躍でベンチでサポートしていた赤山もかなり興奮しました。

ご自身としてもキャリア最高の出来であったと教えてくれました。

 

リブレボディではこのようなアスリートが一人でも多くでるように引き続きコンディショニング・トレーニングの指導を行っていければと思っております。

 

引き続きの応援よろしくお願い致します。

 

 

今週のイベント情報

14日(金)16時〜21時に毎月恒例の足の相談会が開催されます。

足と靴の専門家有松氏によるインソール作成も相談会と合わせて実施しています。

残席わずかですので希望者は下記連絡先まで「足の相談会希望」とご連絡ください。

info@libre-body.com/087-837-3535

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)