野球少年が挑んだ夏が終わる

この夏、全国大会に挑み怪我を通してひと回りもふた回りも成長したアスリートからお客様の声をいただきました。

県大会を終了した頃から肩の痛みが出現し、痛みを伴いながら四国大会を勝ち抜き、四国大会終了後、整形外科からの紹介で来館されました。

その時点では日常生活もままならない状態で、少し腕を動かすだけでも肩に痛みが走るようなコンディションでした。

約2週間後に控える全国大会への出場は本人も家族も絶望的な思いで最後の大会でありもしどうにかなるのであればという事でコンディショニングを開始しました。

幸い、肩に決定的な損傷な検査の結果なく炎症による痛みが強い状態でありました。

初回の整体で炎症の改善と疼痛コントロールを実施し日常生活での痛みは改善し2回目以降にピッチングを開始するための全身のコンディショニングとトレーニングを開始しました。

整体を実施しない日もフィットネスに身体作りに来館してもらえ福島県に全国大会に行く三日前には施設での全力でのシャドーピッチングも疼痛なく可能となり、キャッチボールもできる程度に回復しました。

また繰り返し肩を痛めないための動き作りについてもしっかり理解され旅立ちました。

IMG_0828

初戦は完投し見事勝利。

母親と連絡を取りながら少しでもリカバリーし自身がやるべき事をお伝えしました。

2回戦は安全をとり投げなかったのですがチームメイトが見事勝利し3回戦で再度登板。

3回戦では30球程度投げたところで自らこれ以上は厳しいと判断し監督に志願し降板。

チームも敗れベスト8という結果で終了し彼の中学野球と短い夏が終わりました。

帰ってきてすぐに来館された時には肩の痛みではなく肘の痛みが軽度ある程度で私もひと安心しました。

結果が満足のいくものでなかったことはいうまでもありませんが、先のある球児に負担を最小限にしながらも全国大会で登板し勝利するという結果のサポートが少しでもでき、香川のアスリートへ少し役に立てたかなと思いました。

スクリーンショット 2015-09-04 17.31.27

今後は高校進学に向けてパフォーマンスアップのために来館予定です。

スポーツをしていて仕方がないと思われる怪我であってもリブレボディでは最大限サポートをさせていただきます。

いつでもご相談ください!!

スクリーンショット 2015-09-04 17.33.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)